通信講座合わないね
通信講座合わないね
ホーム > 尿酸値 > 尿酸値が高めの時にやるべきこと

尿酸値が高めの時にやるべきこと

尿酸値とは血液の中の尿酸の濃度を言い、一般的には男性の方が多い傾向にあると言えます。

女性はエストロゲン(女性ホルモン)の働きにより、尿酸を体外に排出することが促されているためで、閉経をするとこの作用がなくなるので尿酸値の上昇がみられるようになります。

 

 

脂肪肝の怖いところは、心筋梗塞であったり狭心症といった心臓病、脳梗塞といった血管系の疾病を誘因する可能性があるためです。脂肪肝の原因といえるのは、カロリーオーバーや運動不足などが考えられています。

 

 

 

暴飲暴食などで中性脂肪やコレステロールは肝臓に蓄積されます。特に30代~40代の人で脂肪肝が増えており、2倍以上の増加が過去10年で確認されています。食事から摂取した油分は、脂肪酸に小腸で分解されると、肝臓に届けられます。

 

 

 

しかし、脂質や糖分を摂りすぎ、肝臓に届けられる脂肪酸が増えていくと、今度は肝臓で脂肪酸をもとに作られた中性脂肪が次第に肝臓に溜められてていきます。健康な肝臓の場合でも4%前後の脂肪を含んでいるのですが、脂肪が5%より多い場合は脂肪肝とされます。高尿酸血症を放置すると痛風を引き起こす可能性があり、突然激痛に襲われる怖い病気です高尿酸血症であっても体に不調のサインが出ずらく、健康な人と変わらない生活が送れます。まさか自分が病気だなどと思わない為、治療に対しての行動が起こせず結果的に急に痛み出し、痛風の痛みが発症してということになる恐れがあります。

 

痛風の診断を受けた人にとって重要なことのひとつが食事でのプリン体制限ですが、現在そのプリン体制限は中心的な治療ではなくなってきているようです。特に野菜のプリン体の場合、大半が体外に排出されるため、気にしすぎることは必要ないでしょう。

 

 

それよりも、肥満予防を意識して、脂肪分の多い食品や食べ過ぎを抑えるようにしましょう。糖尿病や脂質異常症、また高尿酸血症の患者を対象とした時に共通してみられる特徴は、肥満やメタボリックシンドロームになっている人が多いそうです。肥満と2型糖尿病の診断された人が減量をした場合血糖値が低下していくことがよくありますが、これと同じように、尿酸値が高くて太り気味の人が減量をすると、尿酸値が低下しはじめることが多く報告されています。痛風と診断される患者は年を追って増えており、国民の90万以上と推定されています。従って血清尿酸値の値が上回る傾向にあります。

 

 

 

高尿酸血症の人は痛風を発症するリスクが高く、成人男性では4人に1人と報告されていて、年々増加傾向にあります。

 

 

 

さらに痛風発症年齢のピークは低くなる傾向にあり、30代での発症が増えているようです。

 

 

 

自覚症状がみられるのはごく稀なため気付くのが遅れることもあります。

 

だるい・疲れやすいなどの症状が現れるケースもあるものの、だからと言って自分で見抜くことは難しいと言えます。

 

気にかかる場合には病院の内科へ行き、健康診断などを受けると血液検査をするので、判別してもらうのは簡単です。血液検査の数値により診断がつきます。尿酸値 下げる サプリメント